不動産イメージ

これから賃貸マンションを探すという方、必見!

賃貸マンションについて

学業のための一人暮らしや仕事や出張のために単身赴任を経験した方は賃貸マンションを利用したことがあるのではないでしょうか。

また、これから賃貸マンションを探すという方のために賃貸物件の種類について詳しく調べてみました。

賃貸マンションとは

一般的な賃貸物件は敷金・礼金などの初期費用を必要とし、短期で滞在するには少し経費がかさんでしまいます。

かといってホテルや旅館は住居としての設備や機能が不十分であるため出張や一人暮らしの方にとっては少々割高で不便に感じるのではないでしょうか。

こうした需要に答えるため賃貸物件とホテル・旅館などの宿泊施設の丁度間に創られたのが賃貸マンションです。

一般的にはウィークリーやマンスリーなど週単位から月単位の契約で、敷金・礼金を必要としない不動産業者が多いようです。

もちろん利用者のニーズに答えるためホテルや旅館と同じく旅館営業法の旅館業を得て、1日単位から部屋を貸し出している場合もあります。

賃貸マンションがホテルや旅館と大きく異なるところは、自炊するための設備が整っていること、サービス面で少し劣るが料金設定が比較的安いところにあると思います。

サービス面というと例えばフロントでの宅配荷物預かりや伝言サービスなどを指しますが、賃貸マンションにはそういったフォローがあるところは少ないようです。

しかし外出時に鍵をフロントに渡す必要もないので気兼ねなく過ごせるところは賃貸ならではの魅力でしょう。

また、一部の会社を除いては保証人を不要としている場合が多く、簡単に入居することができその日から自分のライフスタイルを満喫できるのは賃貸マンションならではといえます。

ウィークリーマンションとは

その名が意味するとおり原則的には週単位で貸し出されるマンション物件のことをいいます。

基本的には冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗濯機などの家電製品が充実しており、入居の初期費用が抑えられることが魅力の一つ。

会社によって設備は異なるので入居する際は自分でどのようなものを持参したらいいのか予め確認する必要があるのはいうまでもありません。

多くの利用者はビジネスか学業のため一人暮らしを目的とした利用が多く、例外で中期の旅行や趣味のために契約する方もいらっしゃるようです。

もちろん保証人、礼金、敷金、仲介金を必要とする会社が少ないため、気軽に入居できます。

マンスリーマンションとは

基本的な設備はウィークリーマンションとさほど変わりはありませんが、月単位の利用が多いためマンスリーという名がついています。

出張利用はもちろんのこと、長期旅行や自分のくつろげる空間としてマンスリーマンションを利用するのも良いかと思います。

最近では会社の寮や宿舎としてマンスリーマンションを契約している企業の多く、必要なときに必要な期間借りられるマンスリーマンションは現代社会では重宝しているようです。

不動産,COM

※当サイトはリンクフリーです。特にご連絡等必要ございません。バナーもご自由にお使い下さい。

※当サイトに記載されている内容は個人で収集した情報を元に構成しております。なるべく確かな情報提供を心がけていますが、当サイトの情報をご利用の際は全て自己責任でお願いいたします。

 

Copyright © 2009 不動産投資情報の“不動産活用.COM” All Rights Reserved.